Japan Task Force

国際的な実績

CFBTインターナショナルは、国際的に定められた安全基準を順守し、最先端の火災科学と実践向きの技術を、『ライブファイヤー・トレーニング・インストラクターコース』として発表し、世界的に高評価を得ています。

 

インストラクターは、燃焼中の火災を正しく評価し、最も安全で、且つ最も効果的な戦略的及び戦術的判断を下すために、火災性状と火災挙動においてリスク評価のための知識を持たなければならないと考えています。

詳しくは

コンプライアンス

安全かつ効果的な学習環境は、法を準拠した健康と安全の状況に関連する深い知識に基づいて成り立っています。最近の研究は、消防活動と訓練中の火災時に発生する汚染物質による健康被害について、新しい理解を与えてくれています。これまで以上に発展させなければならないことが多くあります。実践的な訓練を行うことで、実践で活用できる基準を定めることができます。

詳しくは

常に最良を求めている

残念ながら、訓練プロップでは、消防活動の限られた範囲での訓練になるのですが、すべての活動に適応できると先入観にとらわれてしまった多くのCFBTの例があります。その焦点は、消防士たちにしっかりとした火災性状の実践的な知識を与えることと指標をどのように見分けるのか(リーディングファイヤー)ということでなければならないと我々は信じています。その時、我々は、広範囲の戦術アプローチ、資器材とテクニックについて話し合い実演することによって消防士たちに力を与えることができるのです。

我々は、現代の消防隊に利用可能な幅広い選択肢の長所と短所の理解を彼らに与えることを求めています。その時、状況を分析する能力と最も適切な戦術、資器材そしてテクニックを選択する能力を持つことができるのです

詳しくは

Scroll to top